悪玉コレステロール サプリメント

悪玉コレステロールサプリメント

悪玉コレステロールが増加すると、血管が塞がり動脈硬化へと繋がり、症状が悪化すると、心筋梗塞や脳梗塞といった生命に関わる恐れがあります。悪玉コレステロールの値を下げるにはDHA・EPAサプリがお勧めです。青魚に豊富に含まれているDHA・EPAはコレステロールを下げる効果があります。他には、サラサラな血液にするため、ナットウキナーゼなどの栄養分も、悪玉コレステロール対策には効果が高いといわれています。
当サイトでは、DHA・EPA・ナットウキナーゼなどが豊富に含まれた悪玉コレステロールサプリメントを人気ランキング形式でご紹介いたします。

悪玉コレステロール サプリランキング
DHA・EPAサプリメントの「きなり」

きなりは、DHA・EPAを豊富に配合したサプリメントです。DHA・EPAは言わずと知れた血液サラサラ成分で、悪玉コレステロールを低下させるはたらきがあります。さらに、ナットウキナーゼも含まれているので、生活習慣病の予防やダイエット効果が期待でき、悪玉コレステロールの値が高くて悩んでいる方にふさわしいサプリメントに仕上がっています。悪玉コレステロールでお悩みの方以外にも、中性脂肪を減らしたい方や、健康診断の数値が心配な方にもピッタリのサプリです。
当サイトのリンクからお申込みすると初回1,980円で試せる特別モニターに応募することができます。15日間の完全返金保証制度が付いていますから、安心して申し込めますね。

 

DHAサプリメント【きなり】の公式サイトへ

肝パワーEプラス

肝パワーEプラス

肝パワーEプラスは、年齢を重ねることで弱まってしまう肝機能の低下を防止するタウリンや亜鉛などの栄養素をたっぷり凝縮したサプリメントです。悪玉コレステロール増加の原因は、肝機能が衰え元気なころのような処理が出来なくなってしまうからです。なので、肝機能をアップさせてくれるタウリンをたっぷりと含み、不必要な悪玉コレステロールを減少させます。
今、特別価格980円でお試しセットが購入可能です。

 

肝パワーEプラスの公式サイトへ

オメガプラス

オメガプラスには名前の通り、オメガ3と呼ばれるDHAとEPAがたっぷり含まれていて、さらに注目すべきはスクワレンも配合されている点です。スクワレンは酸素を体中に運ぶ役割を持っており、体の健康に貢献します。
含有量は、1日あたりDHA520mg、EPA260mg、スクワレン320mgとたっぷりで、悪玉コレステロールの値が高い方に是非おすすめのサプリメントです。

 

毎月1袋コースはお得な10%オフ。1月当たり1666円、送料無料で続けられます。

 

鮫肝・DHA&EPAの公式サイトへ

小林製薬 ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット

小林製薬から販売されているナットウキナーゼ&DHA&EPAセットは、血液をサラサラにしてくれる働きを持つナットウキナーゼ・DHA・EPAを含んだサプリメントです。血液の中に蓄積した不必要な悪玉悪玉コレステロールを追い払い、中性脂肪の値や悪玉コレステロールの値を正常にしてくれます。いつもの食事からは簡単に摂ることが困難な栄養素を気軽に摂ることが出来るので、悪玉コレステロールを何とかしたいとお悩みの方にお勧めです。
現在、公式ホームページからのお申込みなら送料無料です。

 

小林製薬のナットウキナーゼ&DHA&EPAセットの公式サイトへ

小林製薬 DHA&EPA EX

DHAとEPAのサプリメントは数多くありますが、小林製薬のDHA&EPA EXはDHAとEPAの量が最も多く含まれています。また、血液をサラサラにしてくれるオメガ3系脂肪酸が670rも配合されているのです。
厚生労働省からも摂取を勧めている栄養分のオメガ3系脂肪酸を摂るなら、これですね。
もっと詳しく→ 小林製薬のDHA&EPA EX 

コレステロール

コレステロールは、過剰に摂取してしまった悪玉コレステロールの吸収を抑え、お腹を調子を良くしてくれる食物繊維が豊富な特定保健用食品です。
どんな方でも飲みやすいように、グレープフルーツ味になっています。飲み方は簡単。粉末を水などに混ぜるとゼリージュースに変身!これを飲むだけ。
他にも、少し放置しておくとまた少し固まるので、おやつのようにも食べられます。
悪玉コレステロールの値が気になっていたり、腸の調子を上げたいかたにお勧めです。
もっと詳しく→コレステロール 

悪玉コレステロールって? 

悪玉コレステロールは、本来細胞膜の大事な抗生物質で、性ホルモンを生成する素で、人の体には必要不可欠なものです。そこで、悪玉コレステロールが体に良くないというのは、どういう状態から言われるのでしょうか。定期健診や健康診断などの検査で、悪玉コレステロールの値の結果によっては、再検査や注意をされたりすることがあります。体は元気そのものだし、太ってもいないのに検査で引っ掛かってしまった、というケースもあります。悪玉コレステロールの値が高く出てしまうことには、脂肪も関わることもありますが、太っていなくても高脂血症と言われることもあります。

 

悪玉コレステロールが必要以上に増加すると、血管の壁にくっつきます。それによって血管の壁が厚くなり、血管が塞がったり、血管の壁が弱くなったりしてしまいます。これを動脈硬化と言います。動脈硬化が進行すると、色々な危険性があります。多いのが、心筋梗塞や脳梗塞などの生命に関わる病です。悪玉コレステロール値を正常な値に保つことが、このような恐ろしい病から自身を守るための方法の一つです。
悪玉コレステロールは、1日につき1.5〜2.0グラム必要で、このなかの70〜80%は体内で作られ、残りは食事から摂る必要があります。体の中で作られる悪玉コレステロールの多くは肝臓で生産されます。なので、悪玉コレステロールが多くなる原因は、ほとんどが食事です。脂分の多い食事や外食、運動不足といった悪玉コレステロールが増えてしまうような生活を継続していると、高脂血症に繋がります。

悪玉コレステロールを下げたい方には、サプリメントがお勧め

悪玉コレステロールを下げるためには、食生活を改善したり運動不足を解消することが大事なのは百も承知だが、忙しくてなかなかできない!という方も多いのではないでしょうか。どうしても付き合いで外食する回数が多かったり、運動する時間が取れなかったりするような方には、簡単に悪玉コレステロールを下げる手助けをしてくれるサプリメントが良いですね。

 

今ではすっかり有名になったDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)は、血液をきれいにしてくれ作用を持つサプリメント成分です。悪玉コレステロールによってドロドロになった血液は、血栓になりやすく、血栓が出来る箇所によっては脳梗塞や心筋梗塞に繋がります。しかしサプリメントを摂れば、それを防ぐことに繋がります。なかなか毎日の食事では摂ることが出来ないマグロ、青魚、イワシに多く含まれている成分です。ですが、DHAもEPAも、日常的に摂取する必要があり、イワシで例えると毎日2、3匹食べる必要が出てきます。
血液をサラサラにしたくても、毎日継続して食べることはなかなか困難です。なので、簡単にDHAとEPAを摂ることが出来るサプリメントが良いのです。

 

1日につき必要な量を150円前後で摂ることが可能です。様々な会社から販売されているので、口コミや値段などで比べてみて、厳選して購入しましょう。


悪玉コレステロールが高くなる要因

悪玉コレステロールの値が上がる要因は、大きく分けると2つです。一番多いとされているののが、食生活からのコレステロール値の上昇です。
他には、遺伝、糖尿病などが要因となり、肝臓機能が正常に働かないことでコレステロールが体内で多量に生産される場合です。
食生活が要因の場合は、生活習慣を改善することで悪玉コレステロールの値も改善されます。生活習慣と共に食生活を改善することが大事です。
脂分の多いもの、菓子などの高カロリーなものを多く食す人は、総コレステロールの値も高くなります。
野菜をたくさん食べたり、肉ばかりでなく魚も食べるなど、カロリーを意識しながら食事をすると良いでしょう。
他には、摂取カロリーをきちんと消費が出来なくて、蓄積してしまうのも総コレステロールが高くなる要因です。
主に運動不足によって引き起こされるので、最初は簡単に始められるウォーキングやランニングなど、有酸素運動を日々継続することが効果的です。
エスカレーターやエレベーターを使用せず階段にしたり、一駅分歩いてみたりと、一工夫するだけでも違ってきます。
その他には、生活リズムの乱れによってコレステロールの値が高くなってしまいます。
食事をする時間がバラバラだったり、夜遅い時間に食事をするなどすると、消費出来るカロリーもほとんど無く、コレステロール増加の原因です。
加えて、睡眠不足やストレスも、自律神経に悪影響となり、酷くなると過食が習慣になってしまったり、甘いものを食べすぎたりしてしまうことがあります。
飲酒や喫煙にも、十分に注意をすることが大事です。

 

悪玉コレステロールを下げる食事について 

実は、悪玉コレステロールは簡単に下げることが可能です。毎日の食生活の改善をとことん行い、悪玉コレステロールを下げるような食生活へとしていくことです。そのためには、最初に食生活のバランスを見直しましょう。

 

悪玉コレステロールを下げるためだけに、毎日の食生活を魚や緑黄色野菜ばかりにしていても、なかかな続けられません。それに、コレステロールを除くその他の栄養素が足りなくなってすまうこともあるかもしれません。悪玉コレステロールを下げるための食事で、最も重要なことは、日々続けることです。
食事による治療法としては、最初にカロリーを制限しましょう。日常的に食べていたものを1、2割減らしてみたり、夜9時以降は食べない、などをするだけでも、だいぶ違ってきます。次は、揚げ物類をなるべく食べないことえす。油を控えることによって、カロリーを大幅に減らせます。そして、食事のバランスを整えることです。理想は、1日に30品目です。
外で働いている人は、昼食を外食ではなくお弁当を持参したりすると良いでしょう。もちろん、中身はヘルシーなもので。他にも、おやつや飲酒も中性脂肪を増やす原因となるので、なるべく自粛しましょう。
たとえば、食事を1日3回から2回に減らすとします。ですが、空腹が強くなり、一気に食べてしまうと、体内にエネルギーが突然入ってしまうので、悪玉コレステロールの生産する速さが反対に活発になってしまいます。なるべく1日3食、バランスの良い食事を心掛け、遅い時間の食事は控えるようにしましょう。

悪玉コレステロールを下げる薬について 

悪玉コレステロールの値が高いと、高脂血症を経て、動脈硬化へと繋がります。現に、悪玉コレステロールの値が高い人は、値が正常の人と比較すると寿命が短いとの調査結果が出ているそうです。
悪玉コレステロールを下げることは、自分の頑張りで確かに改善できます。とにかく、食生活の乱れを改善し、運動不足を解消、生活習慣を改めて、食事の量や質にも改善が必要です。
悪玉コレステロールが多く含まれている卵、魚卵などの食品を多く摂っていたり、油っこいものをよく食べていないか、心当たりはありませんか?たいていは、これらを見直して改めることによってコレステロールの値は確かに下がります。それは百も承知だけど、なかなかきちんと守ることが出来ない、継続が出来ない、という方も多いかと思います。

 

悪玉コレステロールの値が著しく高く、肥満体形で運動してもなかなか効果が見られない場合などは、ドクターの判断によっては投薬による改善が行われます。他にも、生活習慣などとは別に、もともとの体質で悪玉コレステロールの値が高い人も薬が使われたりします。
悪玉コレステロールを下げるために、症状に適した薬の開発が進んでいます。効果の期待は高く、副作用が少ないものがたくさん開発されているので、ドクターと話し合い、適した薬を処方してもらうのが良いでしょう。

 

ですが、継続して飲むことに副作用が出るかもしれないという不安もあるでしょう。副作用の症状には、胃腸障害、肝機能障害が多く、「スタチン系」の薬は手足が痛んだりだるくなったりする副作用が出る事例もあります。そういった症状が出た際は、直ちに服用を中止し、ドクターにその旨告げましょう。


コレステロールの正常な値

健康診断や定期健診の検査で、コレステロール値が高いと言われる数値は、血中の総コレステロールが220r/dl以上で、悪玉コレステロール(LDL)が140r/ dl以上です。この数値は、年齢、性別、検査時の体調、検査前の食事などによって変わってくるので、定期的に検査を受けることによって自身のコレステロール値が理解でき、結果によっては改善を試みることもできます。

 

コレステロールは増加しても自覚症状がありません。なので、定期健診や健康診断で検査をすることによって、自身のコレステロールの値を確認することが大事なのです。コレステロールの正常値は、総コレステロールが130〜220r/dl、善玉コレステロールが40〜70r/ dl、悪玉コレステロールが60〜139r/dl、中性脂肪が50〜150r/dlです。しかし、コレステロールの値は、正常値を下回れば下回る程良いというわけではありません。
コレステロールと簡単に言っても、種類は善玉と悪玉に分類されます。悪玉コレステロールはLDLと呼ばれ、末梢組織に活性物質などを運ぶ働きをするのですが、これが余分に増えすぎると、血管の内壁に付着し、これが動脈硬化や脳梗塞の原因になってしまうのです。反対に、善玉コレステロールはHDLと呼ばれ、血管の内壁に付着したコレステロールを肝臓へと届け、LDLと真逆の仕事をします。なので、LDL<HDLの比率が理想的と言えます。

 

悪玉コレステロールを下げる漢方

悪玉コレステロールの値を下げたいのならば、その方法は色々です。本来であれば、食生活の乱れや生活習慣を改善することが重要なのですが、そう簡単に改善できるものではありません。場合によっては、周りの力も借りる必要が出てくることもあるでしょう。そういった方は、簡単に摂れるサプリメントを取り入れたり、症状が重いのであれば投薬が必要でしょう。一番主流な薬は「スタチン」という名前の薬です。副作用もほどんどなく効果はありますが、胃腸障害や肝機能障害などの副作用が多少なりともあるのが事実です。
無理やり薬で悪玉コレステロールを下げるのではなく、根本的な体質などを改善していき、だんだんとコレステロールを抑える方法の一つに、漢方があります。
コレステロール値を下げる漢方で一般的なのが、大柴胡湯(だいさいことう)、柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)、三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)
といった漢方です。

 

他にも体が弱い体質の方には柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)や八味地黄丸(はちみじおうがん)といった漢方が処方されます。どちらにせよ、薬や漢方、サプリメントも、サポートとして用いるものであるので、本来の食生活や生活習慣を見直す必要はもちろんあります。
「ちゃんと漢方飲んでるから、今まで通りの生活でいいや」と考えず、「漢方に手助けしてもらいながら、根本的な原因を見直すんだ」という意識を持ち、コレステロール値を下げることに努めましょう。


相互リンク